おいしいお料理は素敵な笑顔を咲かせます。幸せあふれるおいしい人生に☆ボナペティート


by cucina-midori

<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アサヒビールの工場見学

先日アサヒビールの工場の見学に行ってきました。

b0175924_6422770.jpg

もともとは長い夏休みをもてあましてる子供たちのための企画だったのですが、作りたてのビールを楽しめるという、大人にも魅力的な特典があります068.gifてゆーか、こっちがメインだったりもします037.gif
工場の見学なんて何年ぶりだろう。社会見学気分で中を案内してもらいます。工場内の撮影は不可だったので面白いポイントがいくつかあったものの写真を残せず残念でしたがとっても面白くて内容の濃いものでした。

ビールの主な原料は、麦芽・ホップ・水の三種類ですがそれぞれの材料にすごくこだわりがあって、麦は穂軸を中心に粒が2列に並んでいる二条大麦を使います。麦の試食もあったので食べてみたのですが、香ばしくてホントにおいしい。厳選された良い素材からおいしいビールが造られるんだなって改めて思いました。ホップはビール独特の苦味と香りのもと。ビールを透明にしたり、雑菌の繁殖を抑え泡立ちを良くする働きもあります。ビール醸造用の水は無色・無臭・透明・味が純良であることが必須。ミネラルの質と量が麦汁の糖化・発酵を左右しビールの味覚に大きく影響するので、磨かれた水が使われているそうです。

ビールの製造工程としては、大麦は収穫後2~3ヶ月間貯蔵され、大麦から麦芽にするまでが約10日、仕込みの後発酵に約1週間、熟成に数十日かかります。具体的には、大麦に水と空気を与えて発芽させ、その後乾燥させ成長を止め、脱根し、麦芽にするという製麦行程。次に仕込み行程。麦芽の一部にお湯を加え、さらに残りの麦芽に米・コーンスターチなどの副原料を加え煮たものを加えます。すると液中のでんぷん質が麦芽糖に変わります。そして、仕込みでできた麦汁をろ過し、透明な麦汁(あめ湯)にします。その後、麦汁にホップを加えて煮沸。ビール特有の芳香と苦味が生まれます。次の発酵・熟成工程では、よく冷やした麦汁にビール酵母を加えて発酵開始。麦汁中の糖分がアルコールと炭酸ガスに分解されるのでさらに数十日間じっくり熟成させます。その次のろ過工程では熟成したビールをろ過し、黄金色に輝く生ビールが誕生します。そして、瓶詰め・缶詰工程を経て出荷されています。

見学の最後には本日のお楽しみ、生ビールの試飲があります。ここでいただけるのは、できたてのビールを味わう官能検査の次においしい生ビールなんだそうですが飲んで納得!いただいたビールは普段飲んでいる缶に入ったビールとは圧倒的に違うおいしさです072.gifアサヒのスーパードライは辛味が強くて個人的にはあんまり・・・だったのですがまろやかなのみ心地といい、目から鱗なおいしさでした。お酒の飲めない子供やドライバー向けにはアサヒの缶ジュース飲み放題という嬉しいサービスもついていました。
アサヒビールの工場は関東や関西、そして北海道や九州にもあるので興味のある方は一度行ってみる価値アリです。オススメですよ060.gif

夏はやっぱりく~っとビールというお方
↓ポチっとよろしくお願いします。
人気ブログランキング
[PR]
by cucina-midori | 2009-08-19 16:17 | お出かけ

手打ちパスタ♪

夏休みで帰国している甥っ子や姪っ子と共に実家で過ごすにぎやかな毎日。
今日は久しぶりに手打ちパスタを作りました。
ピッツイコッティ。成形は親指と人差し指・中指で生地をつねりながらちぎるだけ。
子供たちと一緒に「パッと切ってポーン」のかけ声と共にちぎった生地をキャンパス地の上に置いていきます。
小さいものや大きいもの、まぁるいお団子状のもの、個性たっぷりに粘土遊び気分で楽しんでいるのを見るととってもほのぼのとした気持ちになります016.gif
簡単に成形を楽しめる上とってもおいしいピッツイコッティは、ラツィオ州の郷土料理。
以前パスタ教室で習って以来お気に入りなのです。

b0175924_15551161.jpg


ソースはトマトたっぷりのラグーソース。パルミジャーノをたっぷりかけていただきま~す。
パンチェッタが手に入らずブロックベーコンと牛脂で代用してしまったにもかかわらずとってもおいしくできました。
楽しく作っておいしく食べるのはしあわせな食卓の基本ですね056.gif

もちもち手打ちパスタお好きな方
↓ポチっとよろしくお願いします。
人気ブログランキング
[PR]
by cucina-midori | 2009-08-05 16:04 | お料理
いろんな方に心配をしていただきましたが、とりあえず入院生活から開放されて下界に降りることが許されたので072.gif先日お祝いも兼ねてランチに行って来ました。

名古屋市名東区にあるフレンチレストラン 暖手~ダンテ~
海外のレストランで総料理長の経験もある、実力派シェフ北村耕臣氏のお店です。
知人に「おいしいお店があるよ060.gif」って教えてもらって初めて訪れたお店なのですが、これがホントにあたりでとってもおいしかったんです053.gif
全体的にしっかりとした味付けで、見目麗しいお料理の数々でした。

前菜3種盛り合わせ
b0175924_2514057.jpg


桃の冷製スープ
b0175924_252254.jpg


マッシュルームのタリアテッレ
b0175924_254150.jpg


豚肉のコンフィ 季節野菜添え
b0175924_2541562.jpg


イチジクのデセール
b0175924_2543485.jpg



長い間おいしいものに飢えていたので久しぶりにココロもオナカも大満足なしあわせ時間を過ごしました。
今年の後半は怒涛の日々になりそうで難しいかもしれませんが、機会があればまた訪れてみたいレストランだと思いました056.gif

おいしいお外ご飯がお好きな方
↓ポチっとよろしくお願いします。
人気ブログランキング
[PR]
by cucina-midori | 2009-08-04 03:13 | お外ごはん