おいしいお料理は素敵な笑顔を咲かせます。幸せあふれるおいしい人生に☆ボナペティート


by cucina-midori

<   2009年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今日のおやつ

今日のおやつはキルフェボンのケーキ067.gif
イチゴのタルトとチーズのタルト。
キルフェボンのケーキは何年ぶりだろう。もともと大好きだったのですが東京にはおいしいものたっくさんありすぎてしばらく寄り道をしてしまいましたが久しぶりに原点に戻ってみました。
シンプルですがやっぱりおいし~016.gif
b0175924_15484762.jpg

あまあま大好きな私。ケーキのおともは自家製サングリア069.gif
b0175924_155081.jpg

といってもアルコールは入っていません。サングリアといえば赤ワインとブランデーで作りますが今回はグレープジュースとパイナップルジュースで。フルーツはリンゴ・レモン・オレンジ・マンゴーなどなど。これを一晩寝かせてからトニックウォーターやサイダーで割って飲みます。
甘いけどさっぱり、フルーツから出た甘味と酸味の複雑な味わいがジュースの中に溶け込みとってもおいしい♪
お友達が遊びに来たときのおもてなしにもぴったりです。

甘党の方も辛党の方も
↓ポチっとよろしくお願いします。
人気ブログランキング
[PR]
by cucina-midori | 2009-06-15 15:50 | おいしいもの

第8回チーズ講座

あれよあれよという間に、チーズ講座もずんずん進んでもう8回目です。
今日はチーズの製造について勉強しました。
今までは色んなチーズの名前や特徴・形や大きさを中心に学んできましたが、今日からは作業の流れや理論がメインになってきたので、内容は難しいものの入り込みやすくて聞いていてとても面白かったです。
いくつになっても、知らないことを知っていくっていうのはいいものですね072.gif
興味のあることだとぐんぐん頭に入っていくし。子供の頃、もっと勉強することを楽しめばよかったな~なんて反省したり008.gif
b0175924_15513755.jpg

今日のチーズは多国籍。メインはフランスとイタリアです。
青カビチーズのフルムダンベールとフルムドモンブリゾンはもとは同じですがモンブリゾンが後に独立を果たし、別々のチーズになりました。両方とも青カビくさくなくマイルドで、とっても食べやすかった!
面白いのは栗の葉に包んで熟成するシェーブルのバノン。トロトロのクリームみたいな口あたりなのに、風味はしっかりヤギチーズでかなりクセ者です。
逆にウォッシュのサルバクレマスコはミルクの風味がしてクセがなく食べやすかった~。分類の枠だけでは見えてこない味の奥深さを知ることができてとっても有意義な時間でした056.gif

チーズに詳しい方も詳しくない方も
↓ポチっとよろしくお願いします。
人気ブログランキング
[PR]
by cucina-midori | 2009-06-09 15:51
b0175924_14184597.jpg

私の通っているお料理教室、デリス・ド・キュイエール川上文代料理教室からおにぎりとトーストの本が出ました。微力ながらワタクシもレシピの考案と撮影に協力させていただきました。巻末にコメントも掲載していただいております。お時間のある方、ご覧になっていただけると嬉しいです016.gif
アイラブおにぎり365とアイラブトースト365。どちらも365日分をカバーするメニュー達。ナツメ社刊です。
この本、ホントにすごいんですよ~!シンプルであるはずのおにぎりやトーストがこんなにドレスアップしちゃっていいの~?ってゆーくらいとってもかわいらしくて見ても楽しめるし、材料やレシピを読み込んでみても面白いし。きっと毎日のお弁当やおかずのヒントにもなると思います。もりだくさんなアイデアで単調になりがちなお料理に彩りを添えてくれると思いますよ056.gif

ブログランキングに参加しています。
↓ポチっとよろしくお願いします。
人気ブログランキング
[PR]
by cucina-midori | 2009-06-08 14:29

カントゥッチ

イタリアはトスカーナ地方の焼き菓子、カントゥッチを作りました。
日本ではビスコッティと呼ばれるあのカリカリのクッキーです。
レモンの皮のすりおろしを入れるこのお菓子は、国産のレモンが手に入らないと怖くて作れないのですが、簡単でおいしくてついつい食べ過ぎてしまうほど大好きなんです053.gif
b0175924_17351539.jpg

カントゥッチはヴィンサントと言う甘口のデザートワインに浸しながら食べるのが定番ですがブランデーでもラム酒でもお好みで♪アルコールがあまり得意でない私は牛乳と一緒に食べるのが好き。浸しながらぽりぽり食べ始めるとやめられな~い。しば漬けとお茶みたいにエンドレスに続いてしまいます。
やさしい甘さと素朴な味わい、よそ行きではないけれどあたたかくて素敵なお菓子です。

イタリア菓子派の方もフランス菓子派の方も
↓ポチっとよろしくお願いします。
人気ブログランキング
[PR]
by cucina-midori | 2009-06-07 17:38 | お料理

家族サービス

お天気が悪くてお出かけできない週末、娘と一緒にお菓子作りをするのが私の日課です。
今までに、スポンジケーキ・クッキー・シュークリームなどいろいろ作りました。そうそう、みたらし団子を作ったこともあったっけ。
今日はカステラを作りました。
b0175924_163437100.jpg

卵を割るのが彼女の仕事。ボールに落ちた卵の殻を拾うのが私の仕事。
泡立てながら粉をまき散らすのが彼女の仕事。拭き掃除をしたり掃除機をかけるのが私の仕事。
子供と一緒にお菓子作りをする時、出来ばえにはこだわりません。
それよりも、楽しい時間を過ごしたり少しでも食べ物に興味を持ってくれたりすればと思っています。たとえ途中で遊びだしてしまって半日かかったとしても、パンをこねてもらって食べられるところがすっごく減ってしまったとしてもそれはそれでOK。
粉とお砂糖と卵でおいしいお菓子ができたり、卵白を泡立てるだけでふわふわのメレンゲができたりする小さな発見をいっぱい体験させてあげたいと思います。
今はまだ、ちいさなちいさな蕾ですがこれから先どんな花を咲かせるのか今からとっても楽しみです056.gif
ものすごく食いしん坊でエンゲル係数高くなっちゃったらどーしよ~。が~ん054.gif

そしてその後はピクニックごっこ。
動物園に行ったりお花畑に行ったりしたつもりになってお弁当を広げます。
b0175924_17344190.jpg

お弁当は簡単にできて子供が喜びそうなものを中心に詰めます。
今日のおかずはハンバーグ・おにぎり・ハムで巻いたカリフラワーの花束・アボガドとカボチャとトマトのパスタサラダ(よ~く見るとキティちゃんの形をしたマカロニなんです。)・そら豆・おくら・エリンギ・トマト・チーズ、そしてお花型ウインナーなどなど。
お弁当箱は私の大好きなデザイナーのカトウシンジさんのもの。どの絵もあたたかくてとってもかわいらしいんです。

ちなみに大人用のごはんはこちら。
b0175924_17445056.jpg

ハンバーグのソースはトマトソースとマスカルポーネチーズで作りました。
ブレゼ(蒸し煮)したお野菜を添えていただきました。

たまにはまったりな1日もよいものですね001.gif

のんびりな週末を過ごされた方もそうでない方も
↓ポチっとよろしくお願いします。
人気ブログランキング
[PR]
by cucina-midori | 2009-06-06 17:50 | お料理

手打ちパスタ

今日は手打ちパスタを習いに行ってきました。
手打ちパスタメインで教えてくれるこのお教室、なんだかとってもおいしいものを食べさせてくれる(作るのがメインですが)匂いがします。
今日はマッロレッドウスとピッツィコッティという、二種類のパスタを作りました。
マッロレッドウスはセモリナ粉とサフランと水で作る、サルデーニャ州のニョッキ。
b0175924_1436752.jpg

8ミリ前後の厚さに伸ばした生地を1~1.5センチにカットして金ザルの網目を利用してくるんと丸めます。わ~楽しい060.gif
生パスタは手間がかかるので、ジカンとココロに余裕がないと敬遠してしまいますが、これならすぐにできそう。

ピッツィコッティというパスタの名前は「つねる」という意味のピッツィカーレから来たんですって。ローマのあるラツィオ州でメジャーなパスタです。
b0175924_14365762.jpg

こちらはひたすら生地をちぎるだけ。かんたんかんたん037.gif
ソースはサルシッチャ(生ソーセージ)を加えたトマトソースでした。
南イタリアでは生パスタを作る際、1つの生地から二種類のパスタを作って一緒に食べることは一般的らしく、今日も2つのパスタを一緒に茹でていただきました。
b0175924_14374334.jpg

生地がもちもちでおいし~。お洒落なイタリアンのお店では出ない、お上品ではない感じが私のハートをきゅ~とつかみます。コレすっごく好きな感じ053.gif
ソースも簡単なのにサルシッチャのうま味がすっごく出てるし。
知らないパスタも勉強できて好奇心もぐんぐん刺激されてとっても楽しかった041.gif
ごちそうさまでした~。

ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援よろしくお願いします。
人気ブログランキング
[PR]
by cucina-midori | 2009-06-05 14:35
「アぺしない?」を合言葉に毎年6月の第1木曜日に行われているイベント、アぺリティフの日にお友達と行ってきました。
場所は六本木ヒルズ。どんより曇り空だったけど、お天気崩れなくてよかったです。ホッ
クーポンと引き換えにフード10品とチーズ1品を選ぶことができます。
私は第1部に行ったのですがすんごいひとヒト人…。
各ショップのブースにみんなが群がり、商品を選ぶのも大変でした。
が、どれも趣向が凝らされていて目でも楽しめるものばかり。
出展も、帝国ホテルやホテルオークラ、ミッシェルトロワグロなどのホテルダイニングから、クイーンアリス、オテルドゥミク二などの有名店まで多彩な顔ぶれ。ミク二のブースでは三国清三さんもお見かけしました。
b0175924_15534830.jpg

b0175924_6323438.jpg

オレンジガスパチョシーフードサラダ、オマール海老のムースと野菜のミジュテ、豚肉のコンフィーエピス風味、ホロホロ鳥とフォアグラのプレッセトリュフ風味、自家製ミートローフジャポネーゼ、パンダードコンフィとブーダンノワールのキャベツ包み、米粉のポップオーバー海老のディップを詰めて、サヴァランなどもりもりいただきました。
アミューズとは言え、さすがに10品も食べるとお腹いっぱいです072.gif
う~ん幸せ。
数年前から行きたいと思いつつ、なかなか都合がつかなくてようやく念願かなった今回のイベント。また来年も行けたらいいな~016.gif

アペリティフの日に行かれた方もそうでない方も
↓ポチっと応援よろしくお願いします。
人気ブログランキング
[PR]
by cucina-midori | 2009-06-04 15:53 | おいしいもの

かつおのカルパッチョ

かつおの美味しい季節になりました。
かつおには、疲労回復や神経に作用するビタミンB1、骨粗しょう症を予防するビタミンD、血液をサラサラにするEPA、貧血を予防する鉄などたくさんの栄養素が含まれていて栄養満点。わさび醤油で和風に、ごま油で中華風にと味のバリエーションが楽しめる素材ですが、今日はカルパッチョにしてみました。
b0175924_13413166.jpg

たっぷりのベビーリーフとトマトでサラダ感覚でいただきます。ドレッシングはオリーブオイルとレモン汁、ニンニク、ケッパー、塩こしょうで作り、グレープフルーツで程よくさっぱり。薄切りにして添えたパルミジャーノでコクと風味を出しました072.gif
子供の頃はかつおと言えばタタキでしたが、多少生臭い独特の風味があってもやっぱり生かつおは美味しいです。江戸時代にはとても人気があり、、「女房を質に入れても初鰹」と言われていたくらいなんですって。なに~031.gifですよね。でも本当は初がつおより秋の戻りがつおの方がより栄養価は高いんです。

初夏にさしかかって暑くなってきますが、食欲のない時は、栄養満点かつおのカルパッチョおススメです006.gif

さかなさかなさかな~大好きな方
↓ポチっと応援よろしくお願いします。
人気ブログランキング
[PR]
by cucina-midori | 2009-06-03 14:06 | お料理

チーズ講座7 回目

チーズ講座の7回目の授業に行ってきました。
前回と今回でフランスとイタリア以外の各国チーズを2回に分けて学びました。
ドイツ、オランダ、ベルギー、デンマーク、アメリカなどなど。細かいところまで覚える必要はないけれど、チーズの名称を頭に入れるだけでもひと苦労です。
家でなかなか復習する時間がないから、授業中にできるところまで暗記しようとがんばるものの、ボリュームありすぎ…。
でも大人になった今、何かを学んだり習得したりすることができるのはとっても贅沢なことだと思います。
私のわがままを理解し、協力してくれる家族には感謝です。

今日の試食チーズはいろんな国のものをおりまぜて8種類。
b0175924_15272795.jpg


面白いものは、中が青カビで表面が白カビのカンボゾーラ。名前の由来はカマンベールとゴルゴンゾーラから生まれた造語なんですって。ドイツのチーズです。クリーミーで食べやすい青カビちゃんでした。
ウォッシュ苦手な方にオススメなのはベルギーのシメイクラッシック。表面を塩水で洗ってあるものの、ウォッシュ独特のアンモニア臭がほとんどなくてクリーミーで、ウォッシュ初心者の私でも大丈夫でした。

チーズは正直あまり得意でなかったのですが、回を重ねるごとに味の違いも分かり、だんだんと面白くなってきました。何事もチャレンジですね056.gif

ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援よろしくお願いします。
人気ブログランキング
[PR]
by cucina-midori | 2009-06-02 15:27 | お勉強

フィレトマト

トマトソースだぁいすきな私。
トマト缶とにんにくと玉ねぎで作ったトマトソースを常に冷蔵庫にストックしてますが、先日出会った衝撃的においしい瓶詰めトマトがこちら。
b0175924_2005245.jpg

サンマルツァーノ種のトマトのみを使った、最高品質のもので作るフィレトマト。こちらを使ってトマトソースを作るもよし、このままハンバーグのソースなどに使うもよし、まさに万能選手です。
520gで800円強と少々お高いですが、これ一瓶でお味のグレードがぐんとアップするのでとってもおすすめなのです060.gif

トマト料理大好きな方もそうでない方も
↓ポチっとよろしくお願いします。
人気ブログランキング
[PR]
by cucina-midori | 2009-06-01 20:11 | おいしいもの